HOME  »   ファミリーのご紹介  »   私たちの信条  »   霊的な戦い

霊的な戦い

物質世界からは目に見えない霊の領域というものが存在し、その領域には、神と天使とよい霊がおり、さらに、すべて義であるものの敵であるサタン(悪魔)もいると、私たちは信じます。サタンとその邪悪な霊たちは神に反抗しており、昔から人間が経験してきた悪や苦しみの多くを引き起こしてきました。

この霊の領域では、善と悪の間、つまり神やその良き軍勢と、サタンやその邪悪な軍勢との間で激しい戦いが繰り広げられており、両者ともに人間の魂や思考、さらには歴史の行方に影響を与えようとしていると、私たちは信じます。

クリスチャンは、神の御国のためとなるような、神の御心にかなった選択や行動を通して、この霊的な戦いに影響を及ぼすことができると、私たちは信じます。しかし人によっては、神の御心にかなわない行動を取ることによって、信仰や善を押しつぶそうとする悪の軍勢の働きに加担することになってしまいます(エペソ6:12)。

聖書は、サタンとその軍勢は最終的に敗北し、人類に対する神の計画が勝利すると予告しています(黙示録20:1–3,10)。ゆくゆくは地上にイエスの御国が建てられ、「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国と」なり、「主は世々限りなく支配なさる」ことでしょう。(黙示録11:15)

  • 使徒行伝26:18; 1 ペテロ5:8; 黙示録12:7–9; 1ヨハネ3:8; 2コリント10:3–5; エペソ6:11–12

「私たちの信条」に戻る