HOME  »   ファミリーのご紹介  »   私たちの信条  »   命の尊厳

命の尊厳

人命は尊いものであり、人はそれぞれ、神の姿に似せて創造された一個の人間として尊敬をもって扱われる権利を神から授かっていると、私たちは信じます。クリスチャンである私たちのつとめは、人種、性別、信条、国籍、社会的地位に関係なく、隣人を、自分自身を愛するように愛することです(マルコ12:31)。差別、偏見、暴力は神の計画とは相容れないものであり、私たちはいかなる形であれ、それに反対します。

受胎から死に至るまで、生命は神からの尊い授かりものとして大切にされ、育まれるべきものであると、私たちは信じます。神のみが生命を与えられる方なので、一人一人が死ぬ時期についても、神の手に委ねるべきであると、私たちは信じます(詩篇31:15)。

  • 創世記1:27, 2:7; 詩篇139:14–16; ガラテヤ6:10; ローマ2:11; 1コリント16:14

「私たちの信条」に戻る