HOME  »   ファミリーのご紹介  »   私たちの信条  »   『大宣教命令』

『大宣教命令』

クリスチャンはキリストによって、その愛と救いの良き知らせを他の人に伝えるようにと命じられています(マルコ16:15)。神の愛と、イエスによる救いとは、全人類への贈り物であり、惜しみなく他の人に分かち合われるべきものです。クリスチャンは、キリスト教の価値観に沿った方法を用いて、あらゆる社会階層の人に神のメッセージを伝えるべきであると、私たちは信じます。

イエスは、霊的な真理を教えるだけではなく、当時の貧しい人や恵まれない人など、必要を抱えた人たちに憐れみをもって手を差し伸べるという面でも、従う者たちへの手本となりました。同様に、クリスチャンは必要を抱えた人たちを慰め、助けようとすべきであると、私たちは信じます。

  • マタイ28:19–20; 2 テモテ4:2; ダニエル12:3; 使徒行伝26:18; マタイ5:14,16; ルカ9:1–2; マタイ10:8; 箴言3:27, 19:17; 1 コリント16:14

「私たちの信条」に戻る